So-net無料ブログ作成

新型アドレス110 CE47A ウインカーリレー交換 [バイク]

新型アドレス110の数少ない不満点は、メーターのウインカーランプが見づらい、ウインカーをつけた時のカチカチ音が小さいことです。

メーター内のウインカーランプは下の方にあるので、今ウインカーが出ているかどうか、運転中視界にまったく入って来ないので見づらいです。ばくだんいわの身長はそこそこあるほうなので座高は高く、ヘルメットはフルフェイスをかぶっていることも要因の一つです。

だ・け・ど。

せめて、メーターの左右のエンジン警告灯とハイビームランプ部分が、左右のウインカーランプになっていれば、とっても見やすくなる思います。スズキさん、マイナーチェンジの際は是非検討してください。
2017-04-04T22:57:16.jpg

ウインカーのカチカチ音が大きければメーターが見えなくても、ウインカーを消し忘れていないかどうか確認できます。なのに、標準状態だとカチカチ音の音量が非常に小さい。

というわけで、カチカチ音を鳴らしているリレー本体を、音の大きいものに交換しちゃいましょう。ググってみても、新型アドレス110 CE47Aで実際に交換しているブログは見かけません。ならば、私が写真を使って交換の手順をご紹介いたしましょう。


用意するものは、
・キタコ LEDフラッシャーリレー アドレスV125用(755-2409900)。
・エーモン1122 カプラー2極(ロック式) 又は エーモン1155 平型端子セット。
・適当な長さの配線コード少々。
・ビニールテープ。

工具は、
・プラスドライバー。
・14ミリスパナ。
・電工ペンチ。


キタコ LEDフラッシャーリレー 。
2017-04-03T14:13:48.jpg

2ピンタイプのリレーです。ピンの数さえ合えば、アドレスV125以外の車種にも使用できます。新型アドレス110 CE47Aでは同じ2ピンですが、コネクターが合わないので自作します。自作といってもなんら難しいことはありません。平型端子をペンチでかしめるだけです。

リレーの場所はメーターのカウル内です。ただし、作業性アップのために、フロントカバーを外しましょう。急がば回れ。


フロントカバーを外しましょう。
2017-04-03T14:13:48.jpg

内側のネジ左右で2本。
2017-04-03T14:14:25.jpg

ネジを外したら、カバーを手前に水平に引っ張ります。コツはありません。単なる力業です。こじらないで下さい、水平に引っ張るだけで外せます。


フロントカバーを外したら、ミラーを外しましょう。
2017-04-03T14:13:48.jpg

14ミリスパナの出番です。今日の出番はこれしかありません。


ヘッドライトのカウルを外しましょう。
2017-04-03T14:14:07.jpg

2017-04-03T14:14:07.jpg

2017-04-03T14:14:07.jpg

ライト下のボルト一本と、グレーのカウル側のネジ4本です。ライトの顎先のボルトは光軸調整用なのでいじりません。喉元のボルトが固定用のものです。


バルブのコネクターを外して、ヘッドライトカウルをフリーにしましょう。
2017-04-03T14:14:25.jpg

左ブレーキレバーをくぐらせて下さい。
2017-04-03T14:14:25.jpg

これでヘッドライトカウルが抜けます。ここまで分解できれば、ヘッドライトバルブを交換できます。私のアドレスは、過去に純正からフィリップス製に交換済みです。感想などは過去の記事をご覧ください。


ヘッドライトカウルが外せたら、純正リレーを探しましょう。見つからないときは、この状態でウインカーを点滅させて下さい。小さいながらもカチカチ音が聞こえてきます。聞こえる音の先がウインカーリレーです。


純正リレーはここだ。
2017-04-03T14:15:06.jpg

写真では分かりにくいでしょうが、白いコネクターが見えます。


作業しづらいので、メーター側のカウルもずらしましょう。
2017-04-03T14:15:06.jpg

内側左右のネジ2本。外側のネジ1本。
2017-04-03T14:35:31.jpg

ネジを外せば隙間ができて、純正のウインカーリレーが取りやすくなったでしょう。私が苦労したのはリレーを固定しているゴムを外すところでした。同じところにキタコのリレーを固定できるので、狭いけれど頑張って外して下さい。


純正とキタコの比較。2ピン同士でも若干異なりますね。
2017-04-03T14:15:06.jpg

2017-04-03T14:15:26.jpg



変換コネクター作成。
2017-04-03T14:15:26.jpg

エーモンの2極カプラーを使用しましたが、平型端子だけでもいいでしょう。カウル内は狭くて作業しづらいので、配線コードは余裕を持たせて作りました。


取り付けるとこんな感じ。
2017-04-03T14:15:26.jpg

スピーカーっぽい面をシート側へ向けて固定します。そうじゃないと、コネクター部分が干渉してグレーのメーターカウルが取り付けできません。キタコリレーのゴムバンドはずらして動かせるので、干渉しないように試行錯誤してください。うまくいくと写真のように取り付けできます。

車体側の白いコネクターに、自作変換コネクターの平型端子オスを差し込みますが、抜け防止と絶縁を兼ねてビニールテープなどを巻いておきましょう。動作確認は忘れずに行いましょう。確認が取れた時には、キタコのカチカチ音の音量に感動すると思います。あとは、外したネジやパーツを組み付ければ終了です。何度もカウルをバラすのは面倒なので、必ず動作確認をしてから、カウルを取り付けましょう。


以上がウインカーリレーの交換手順でした。




ついでにご紹介。
キタコ サイドスタンドスイッチキャンセラー(タイプC) (676-9000920)。

取り付ける車体側のカプラーは、フロントタイヤ後ろのホーンの脇にあります。
2017-04-03T14:14:44.jpg

緑色のカプラーを抜いて、キタコの物に付け替えましょう。
2017-04-03T14:14:44.jpg

カウルを外す必要はありません。ホーンの脇の隙間に手を入れるだけです。文章では簡単ですが、狭くて作業性が悪く、指先がプルプルしました。ホーンを外せば楽に出来そうでしたが、私のアドレスではホーンの取り付けボルトが固くて、外すのを断念しました。

そして、上手く緑のカプラーが外せたなと思った瞬間、下側のカプラーはアンダーカウルへ吸い込まれていき、回収不能となりました(その後1700㎞以上走行していますが特に問題無し)。上側のカプラーにキタコのキャンセラーを差し込めは作業終了です。地味に30分もかかってしまいました。私が行ってきたアドレスカスタムの中で、一番苦労した作業かもしれません。手が大きな方は、友人に手の小さな人がいたらお願いするとよいでしょう。

はがないボッチの私には関係のない話ですが・・・ エア友達の「ともちゃん」に相談してみます。


ポジション灯もLEDに交換済み。
2017-04-03T14:14:44.jpg

これも交換にはカウルを外す必要はありません。下から手を入れれば、簡単にアクセスできます。サムスンチップの良さそうなものをAmazonでポチリました。もとは黒色でしたが、すぐに茶色く脱色しちゃいました。明るさは文句なし。ヘッドライトと色味が違ってしまいましたが、明るくなったのでこれでヨシ。



カスタムって楽しいですね。このブログが皆様の参考になれば幸いです。





nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 4

HIRO

4月26日にアドレス110買いました。ばくだんいわさんの記事を参考に
色々手を加えていきたいです。
滋賀県に住んでおり、ほんの数か月前までロードバイク「自転車)を、
買うつもりがアドレス110になってしまいました。
ばくだんいわさんの隼、ピナレロ、羨ましいです。
by HIRO (2017-06-12 14:25) 

ばくだんいわ

ひっそりと綴っているブログですが、参考になっていれば嬉しいです。

by ばくだんいわ (2017-06-15 21:38) 

トンガ

この記事!!まってました!!って感じで参考にさせて頂きます!!
私もウィンカーの消し忘れで困ってました!
いつも乗る大型バイクでは消し忘れなど
ないのですが、アドレス110は消し忘れが多く
困ってました!!
早速、注文してやってみます!!
by トンガ (2017-09-10 18:45) 

ばくだんいわ

コメントを貰えると嬉しいです。
上手く取り付けできたでしょうか。

by ばくだんいわ (2017-10-05 11:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0