So-net無料ブログ作成
検索選択

箱根ライド 七曲り編 その2 [自転車]

チョイMなルート、旧東海道。


箱根登山鉄道の箱根湯本駅の手前、三枚橋交差点を左折するとそこが旧東海道です。
有料道路の箱根新道と並走しており、国道1号線よりも短距離で芦ノ湖へと向かえます。


箱根新道の「新道」ってことは、「旧道」に何かしらの不便があるから新しい道を造ったわけでありまして、旧東海道が走り難くなければ、わざわざ有料道路など整備されるはずがありません。案の定、旧東海道はくねくねの急勾配が連続します。三枚橋交差点を曲がった瞬間の温泉宿街から、ガーミンは8~10%を表示していました。


須雲川沿いを走るので、上り連続ではなくアップダウンを少し繰り返します。裏ヤビツの苦い物思い出が脳裏に浮かびます。ここは無理をしないで軽いギアでゆっくり対処します。下りの勢いを利用してダンシングで攻めるのは命取りです。結衣先輩はゆっくり上る私を途中で抜かしましたが、途中失速し、私よりも大幅に遅くなってしましました。


畑宿までの途中に箱根大天狗山神社のヘアピンがあります。路面の舗装が赤くなっているところがそうです。後ろから車が来てなければ大回りに膨らんで走った方がいいです。ヘアピンの内側はおそらく20%くらいあります。箱根ライドで辛かった印象に残っているのは、このヘアピンくらいです。


神社を通り過ぎているときは何も感じませんでしたが、この神社かなり怪しい神社のようです。「日本で唯一の幼神神社」らしい。「箱根大天狗山神社」でググってみてください。信者はロリペドショタ好きなのでしょうか。


畑宿に到着。
2017-06-20T17:40:48.jpg


選ばれし者の知的飲料を補給します。
2017-06-20T17:40:48.jpg


温泉街を過ぎると山道で途中何も補給できません。まだ6月ですがワンボトルではすぐに空になります。夏に訪れる時は水分を多めに持っているほうが良いです。夏の山岳はボトル2本ですな。予想外の箱根旧道に疲れ、畑宿に30分以上いたと思います。まぁガチヒルクライムじゃなくて、今日はポタリングなんでね。


七曲りと箱根新道。
2017-06-20T17:41:20.jpg

畑宿を出るとすぐに七曲りの入り口です。
「これより1.2kmの間七曲り 上り勾配10.1%」の黄色い看板が、やる気を萎えさせてくれます。この時点でも十分な上りだったので、この看板を撮影する余裕がありませんでした。次回はアップします。
看板の意味を推察するに、瞬間最大勾配が10.1%というわけではなさそうで、1.2kmの区間の平均が10.1%なのだと。まぁ覚悟はしていました。可愛そうなのは、覚悟を決めていなくただ連れられてここまできた結衣先輩です。ごめんちゃい。


旧東海道の七曲りと箱根新道のツーショットを撮影するという名目で、途中で足を付きました。この七曲りですが、コーナーの数は7つじゃありません。12くらいありました。


芦ノ湖。
2017-06-20T17:41:47.jpg

国道1号線に合流するとすぐ目の前は芦ノ湖です。ここまでの三枚橋から旧東海道ルートの距離が約11km。国道1号線ルートだと16km。旧東海道ほうが5kmも短いってことは、それだけ勾配がきついってことです。初心者は国道1号線ルートがオヌヌメです。


新しい仕事環境で、最近ロードバイクを購入した方とお友達になったので、いろいろとルート考えていますが、いくら国道1号線ルートが易しいとはいえ、それは箱根で他のルートと比較した場合の話であって、獲得標高1000mクラスのライドは大変かもしれません。


どうでしょうか? TCR ADVANCED 1 KOMさん。
どうでしょうか? TCR SLR 2さん。


あれれ、二人とも軽量バイクですね。一人はキングオブマウンテンですね。
一緒に走るのが楽しみです。


湖畔にはコンビニがあったのでおにぎりを補給しました。


道の駅 箱根峠。
2017-06-20T17:41:47.jpg

少し高台へ上って芦ノ湖の景色を楽しみます。道の駅にご当地グルメを期待ましたが、こじんまりとした道の駅でした。綾波と結衣先輩のツーショットはここで撮影したものです。

2017-06-20T17:39:39.jpg

ヱヴァンゲリヲングッズを眺めている年配の女性がいたので、おばあちゃんなのに珍しいなぁと思っていたら、そのおばあちゃんから「これって何なのかい?」って聞かれてしまいました。


聖地巡礼のガチファンじゃなかったんかい。


優しく説明して差し上げました。


2017-06-20T17:42:25.jpg


次の目的地は大観山です。

ローディーの聖地がヤビツ峠たどすると、オートバイ乗りの聖地が椿ラインなのです。ターンパイクを上った頂上が大観山です。昔は潰れたドライブインしかなく、自販機と駐車スペースしかありませんでした。近年ではドライブインが整備されて、食事も楽しめるようになっています。大観山から湯河原へと繋がるくねくね道が椿ラインです。週末はオートバイでいっぱいです。


芦ノ湖畔から大観山へ。
2017-06-20T17:42:25.jpg

大観山は尾根の位置しているので、本日二度目のヒルクライムの始まりです。距離は約5kmと大したことはありません。10%超えは出てきませんが、旧東海道を上ったばかりの体には厳しい上りでした。

「大観山」到着。
2017-06-20T17:42:25.jpg

本日の最高標高地点です。朝は海岸線の国道134号線を走っていたので、単純に海抜0mから1011mは上ったことになります。家に帰ってガーミンを確認すると、もちろんトータルではもっとすごい獲得標高です。


ここまで来れば残りは下りと平坦なので、心に余裕が出てきました。



少し下って「しとどの窟」。夜は心霊スポットにもなります。
2017-06-20T17:43:01.jpg

2017-06-20T17:43:01.jpg

結衣先輩、ダルそうです。疲れますよね。


湯河原駅まで下ると、残りは海岸線の国道135号線です。有料道路の真鶴道路が並走していますが、もちろん自転車は走れません。路肩は皆無で交通量は多く、走りづらいです。まったり走れないので、必然的に巡航速度が速くなります。最近、平地巡行が調子がよく、ヒルクライムで足を使い切った後でも、辻堂までの海岸線を40km/h巡行で帰れました。結衣先輩付き合っていただきありがとうございました。


国道135号線の途中でパシャリ。
2017-06-20T17:43:01.jpg

この時点で16時過ぎになってしまい。帰り道の計画を結衣先輩に相談しました。
小田原のご当地ラーメンを夕食にすることにして、それまで小田原城に立ち寄って休憩することにした。


小田原城、天守閣。
2017-06-20T17:40:25.jpg


クリートで歩くと疲れるので、遠くから撮影。パシャリ。


小田原ラーメン「いしとみ」のワンタンチャーシュー麺。お値段1100円也。
2017-06-20T17:43:15.jpg

富山県のブラックラーメンみたいな真っ黒なスープが特徴です。親戚が近くに住んでいるので、何度か来たことがあります。小田原系ラーメンの老舗でかなりの有名店です。本日初のちゃんとした食事です。珍しく消費カロリーよりも、摂取カロリーの少ないライドだったと思います。走ることに精一杯で、それだけ余裕がなかったのでしょう。


結衣先輩と辻堂で解散した後、藤沢街道の私立聖園女学院前の坂で足を攣ってしまいました。結衣先輩と一緒だったので、心は疲れませんでしたが、体の方は十分疲労していたようです。中学校前の暗闇で悶絶するピチパツ姿のおじさんは、知らない人がみたら不審者でしょうね。




今回の走行距離は153km。獲得標高は1713mでした。


箱根ライド 七曲り編 その1 [自転車]

どうも!湘南ボーイのばくだんいわです。


海沿いには住んでいませんが、車やバイクのナンバープレートは湘南ナンバーなので、れっきとした湘南ボーイです。湘南の代名詞、江の島があるのが藤沢市です。同じ藤沢市でも海から内陸へ15kmもある長後も同じ藤沢市です。坂道ばっかりで潮の香りが全くしませんが、長後に住んでいる湘南ボーイのばくだんいわです。


藤沢市の原付、ご当地ナンバーになっています。キュンするまち藤沢。
14980091594770.jpg


横浜市に住んでいる人が、出身地を「神奈川県です」って答えませんよね。「横浜出身です(`・ω・´)」って絶対に言うはずです。横浜のネームバリューがそれだけ大きいってことなのです。神奈川区や西区、みなとみらいに住んでいなくても、横浜の中でもだいぶはずれの泉区に住んでいても「横浜出身です(`・ω・´)」。


もちろん私の職場は「横浜です(`・ω・´)」。


湘南に暮らすローディーならヤビツ峠の次は、箱根くらい行かなくちゃね。割と近いし。
友人と二人で第3新東京市を目指し、高速ポタリングしてきました。ガチでヒルクライムっていうよりは、ルートの確認も兼ねた感じで、平地の巡行速度は早いけどちょいちょい寄り道するポタリングでした。


友人の「結衣先輩」。
2017-06-20T17:39:39.jpg


海岸沿いの国道134号線で結衣先輩と合流し、平塚を抜け大磯からは国道1号線を進みます。40㎞/h弱の巡行であっちゅ~まに小田原市に入りましたが、トラブル発生。


路上で修理中の結衣先輩。
2017-06-20T17:39:39.jpg


私が前を走っていたのですが、急についてこなくなったので信号に引っかかったのかなと思って止まって待っていると、結衣先輩から「パンクしました」と電話がきました。
車輪を外して原因を調べると、刺さりものが原因のパンクではなく、リムフラップ側に小さな穴が開いていました。リムフラップが原因だと新しいチューブを入れてもまたパンクしてしまいます。でもどうしようもないので、リムフラップに大きな傷みが無いのを確認してチューブ交換をします。


こういう時は予備チューブと工具類の出番です。
2017-06-20T17:39:39.jpg


ヴィットリアのツールケースの中身は
・予備チューブ2本(パンクが1日1回で済むとは限らないので最低2本)
・タイヤレバー
・タイヤブート(タイヤのサイドカットや、チューブが飛び出すくらい大きな穴が開いた時に、タイヤの内側から貼るテープ)
・バルブエクステンダー(昔ディープリムを使っていた名残り)
・仏式→米式変換アダプター(最悪ガソリンスタンドで空気入れられるように)
・折り畳みのアーレンキー
ツールケースとは別に、車体に携帯ポンプを装備しています。



因みに、これらはばくだんいわが常に装備しているものです。これらの準備が役に立ちました。



ここまで読んで不思議に思った方がいるかもしれません。ばくだんいわがパンクしたわけじゃないから、結衣先輩は自分の使えばいいじゃんってね。


それが出来なかったんですよ!結衣先輩がなぁーんにも持ってきていなかったから!!
でも怒ったりはしません。プラスに考えて、「自分が用意していてよかった。リスタートできる」って。それに先輩ですし (・ω<)

皆さんは、重くなるから余分な荷物は嫌だとは思わずに、予備チューブ類は持ちましょう。余分じゃないです。必須です。チューブレスの時でも予備チューブ、チューブラーの時は予備タイヤを持ちましょう。


サイクルベースあさひ小田原店。
2017-06-21T11:46:47.jpg

パンクした場所から4km先と近く、開店時間まで40分くらいでしたので、少し時間を潰し立ち寄ることに決めました。この行き当たりばったり感がポタリングっぽいです。
リムフラップ、チューブ、ついでにタイヤも購入し修理。


国道1号線をさらに進みます。
2017-06-20T17:40:25.jpg

小田原城が近くにあるんですね。時間があれば帰り道に寄りましょう。
奥に見える交差点が、インターハイで坂道くんが落車して最下位になったところです(たぶん)。




ここから芦ノ湖へ向かうルートは大きく分けて2つあります。山岳ルートと海岸線迂回ルートです。
その中の山岳ルートは、有料道路(MAZDAターンパイクまたは箱根新道)、国道1号線、旧東海道を走るルートです。自転車は有料道路を走れませんので、国道1号線が旧東海道の2択です。
海岸線迂回ルートは、国道135号線で湯河原まで行き、椿ラインを上るルートです。

私の個人的な見解ですが上りの難易度が低い順に、国1、旧道、椿だと思います。

路側帯が無くてすぐ横を車がビュンビュン走る国道135号線、そして湯河原から約20kmのガチヒルクライムでも構わないドMさん以外は、国道1号線と旧東海道で芦ノ湖を目指しましょう。



私たちはチョイMな旧東海道ルートを選択しました。


その2へ続く。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

裏ヤビツ [自転車]

先週もヤビツ峠を走ってきました。10年以上前、ばくだんいわが大学生時代にも
オートバイで走ったことはあるのですが、「細く汚い道で、上の方に展望台があったなぁ」
くらいしか記憶に残っていませんでした。


国道246号線側から宮ケ瀬ダムへ向かう、通称「表ヤビツ」は頂上まで比較的路面は整備され、
走り易かったです。先週は、名古木(ながぬき)交差点のセブンイレブンをスタート地点として
タイムアタックしたので、途中の写真がまったくありません。ヤビツ峠40分切りが脱初心者の
基準タイムらしいのです。私はロードバイク歴3年以上ですが、まだ初心者のタイムでした。
自称中級者のつもりでしたが、約0.1トンの豊満なボディでは、脱初心者は厳しそうです。


初心者のくせに、ハイエンドな機材を使っていて恥ずかしいです。
まぁ趣味なので好きなように楽しみます。ピナレロ・ガーミン・アソスでアスリート体型なら
ガチな人かなって思われるかもしれません。体型がメタボだと一転して、ブランド志向の成金
オジサンって思われる。でも正解は貧乏なメタボおじさん。


毎回恒例の長い前置きはここで終わりです。


先週の反対のルートを回ることにしました。通称「裏ヤビツ」宮ケ瀬ダムからまったり写真を
撮りながらのヒルクライムです。
 

宮ケ瀬湖畔園地の「水の郷大つり橋」。
2017-06-15T14:07:20.jpg

2017-06-15T14:07:20.jpg

2017-06-15T14:07:20.jpg

自宅からここまで約35km。名古木交差点のセブンイレブンも自宅から約25km。
関東屈指のヒルクライマーの聖地がこんな近くにあるとは、とっても幸せです。
転勤前によく朝練していた筑波山は自宅から40km離れていたので、環境は良くなった
かもしれません。ただし、筑波山周辺は田舎道でしたが、ヤビツまでは車がビュンビュン
国道246号線などの交通量の激しい道を走らなければならないので、どっちもどっちです。


つり橋の自販機でドリンクを補給したら出発です。
この後約19km先のヤビツ峠の頂上まで補給できません。


2017-06-15T14:08:03.jpg

県道70号線がヤビツ峠です。


渓流沿いを走ります。上りっぱなしというわけではなく、アップダウンを繰り返しながら
上っていきます。木々に囲まれ、急カーブだらけなので対向車に気を付ける必要があります。
クライマーの聖地なので、ローディーとたくさんすれ違いますし、オートバイや車もよく走って
います。中にはセンターを割って膨らんでくる輩もいるので要注意です。


私のガーミンでは勾配が5~6%が大半で、瞬間的に10%が出てきてもほんの一瞬しかありません
でした。裏ヤビツは距離が長いかわりに、勾配が緩いのが特徴ですね。初心者向きかもしれません
が、個人的にはアップダウンが続くと脚が削られるので、好きではありません。
実際、先週の表ヤビツは勾配は裏ヤビツよりもきつくても、走りやすかったです。しかし今回は
なぜが途中で脚を攣ってしまい、無念の脚つきをしてしまいました。不思議です。
きのこ練で勾配15%を毎週走っていたのに、10%弱でやられました。


頂上手前の水くみスポット。
2017-06-15T14:08:03.jpg

駐車場には車が3台ほど停まっており、大きなポリタンクに湧水を汲んでいる人たちがいます。



どれどれ、ちょうどボトルは空なので補給でもしちゃいますか!?



注意書きが書いてある看板をハケーン。
2017-06-15T14:08:03.jpg



なになに、煮沸してから飲んでくださいだと。すぐに飲めねぇじゃねーかよ。
お腹を壊してはいけないので、おとなしく残り1.7kmの頂上を目指します。


ヤビツ峠にきたら定番の写真。
2017-06-15T14:21:26.jpg

先週は濃霧。今回はばっちり晴天。でも特にすることもないのですぐに下ります。
この先の表ヤビツ側に展望台があります。そこで休むことにしました。


なんか曇ってきた。
2017-06-15T23:15:21.jpg

面倒だったので展望デッキは今回は省略。
2017-06-15T14:21:26.jpg

10年以上前の情報ですが、夜景がとても綺麗らしい。
2017-06-15T14:21:26.jpg

2017-06-15T14:21:57.jpg



手組みアルミクリンチャーを組んでからは、ずっとピナレロ「パリ」に履かせていました。
私の「パリ」は14年モデルで、25cタイヤが主流になる過渡期の時代のモデルです。
レーシング7LGやC17レーシングZEROだとクリアランスがギリギリchopなので、ナローリムの
TNIは余裕あるクリアランス。23cタイヤを履かせると、とってもマーベラス。


2017-06-15T23:15:21.jpg


走ってみての感想ですが、固いという印象です。

アルミで30ミリリムハイトでリム剛性があるからなのか?
14番プレーンの左右異数組が効いているのか?
単純にタイヤと空気圧のせいなのか?

持って軽いし(リムテープ無しで約1500g)、乗って軽いホイールです。
路面の綺麗な道ならグイグイ進んで、気持ちのいいホイールに仕上がりました。
半面、25cに慣れた体には乗り心地は最悪で、荒れた下りを走るとかなり疲れます。
ヒルクライム用途が向いています。ロングライドならレーシング7LGに履き替えます。

タイヤの銘柄が違うので単純にグリコさんから借りたZONDAと比較できませんが、ZONDA
よりも固い乗り心地でした。グリコZONDAはもっさりした乗り心地。良く言えば、快適な
乗り心地でした。因みに定番レーシングタイヤのVittoria Corsa G+ グラフェンでした。
今回私が使っているCST Correreは、友人も使用しており、タイヤの感想を「固い」と言って
いました。私の感想は「パナレーサーRACE L EVO っぽい感じ」。

結論は、違いは体感できたけれど、どちらが優れているかは好みの問題です。
今回の手組みは疲れるけどグイグイ進むのは良いし、ZONDAのしなやか(もっさり)な
乗り心地も良いです。ブランド力はありませんが、手ごろな値段で楽しめるので、手組みに
挑戦される方が増えるといいと思います。



表ヤビツは路面は綺麗です。安心して下れます。
その表ヤビツの下りで、初体験な出来事がありました。


女子ローディーに抜かされました。人生初です。びっくりしました。
豊満ボディのばくだんいわは、下りではほどんど漕がなくてもかなりのスピードが出ます。
重力に縛られているアースノイドだからです。ニュータイプではありません。

コースを熟知しているベテランだとしても、かなりの速度差(腕の差)がないと狭い峠道で
追い越すのは難しいと思います。ちょこっと悔しかったです。 ちょこっとDEBU!
たくさん通い詰めて精進したいと思います。


そんなこんなで、名古木のセブンイレブンに到着。
2017-06-15T23:15:53.jpg

「名古木」と書いて読み方は、「ながぬき」です。なこぎじゃないんですね。

本日の総走行距離は87.6km。獲得標高1101m。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

S-Works買っちゃいました。 [自転車]

久しぶりのブログ更新。


5月29日には引っ越しが終わっていたのですが、インターネットの開設がまだでした。
本日からめでたく自宅PCでネットができます。スマホからのブログアップは色々と大変なので、
しばらく放置プレーとなってしまいました。ブログにはのせなくとも、その間もロードには
乗っており、ヤビツ峠も先日行ってきました。神奈川県も走るところはたくさんありそうですね。


これからも、うpしていくよー!


引っ越しのサカイ。
2017-06-12T23:14:58.jpg

今回の引っ越しは、会社が手配してくれたのですが、「引っ越しのサカイ」さんはテレビCMの
イメージだと、愛くるしいパンダが印象に残っていましたが、実際の作業現場では違っていました。

かなり気合の入ったパンダ。
2017-06-12T23:14:58.jpg

このカンフーパンダのおかげが、作業はスムーズでした。やっぱりプロに任せて安心です。
多い日も安心です。


そんなこんなで6月から新生活が始まりましたので、住まいや職場だけなく、自転車関連も
新しいものを導入するっきゃないっすね。
かなり前置きが長くなりましたが、物欲が我慢できずにまたお高い買い物しました。


S-Worksです。読み方は「エスワークス」です。スペシャライズドではなく、S-Worksです。
と言っても、ターマックやベンジはばくだんいわには高嶺の花なので、今回買ったのはロード用の
シューズです。

S-Works 6。税込み39,960円也。
2017-06-12T23:13:38.jpg

クリート無しペアで、424.5g。
2017-06-12T23:14:03.jpg

スペシャが誇るフラッグシップモデルです。超軽量・ソールは高剛性・しなやかなアッパー。
素晴らしい。


今までのシューズはというと。


S-Works 5。買った当時も定価4万円くらいしたと思います。
2017-06-12T23:13:38.jpg

クリート無しペアで、434.0g。
2017-06-12T23:14:03.jpg


また同じシリーズを買うほど気に入っています。
(5の色違いを複数買う愛媛の岩〇さんには勝てません。6も買っているのかな。)

本当は、旧型S-Works 5の「かかとのゴム」がボロボロになったので、補修部品だけを注文する
はずだったのですが、現行型を試着するとフィット感が素晴らしく、思い切って
買っちゃいました。

「かかとのゴム」が左右セットで2808円もするので、今回はシューズごと買うことにしました。
S-Works 5は3年弱使用して、年1ペースで「かかとのゴム」を交換しています。過去に2回交換済みで、今回で3回目・・・2808円×3回交換=8424円。8424円あれば、セールとかを狙えばエントリーモデルならシューズ1足買えそうな金額ですね。

かかとボロボロのS-Works 5は、ローラー台用に室内履きにします。どうせ歩かないので。



今日は買ってきただけで、履いて走ったわけではないので、次の休日がたのしみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

袋田・竜神峡ライド [自転車]

2017-05-09T15:36:21.jpg


辰ノ口親水公園。常陸大宮市。
2017-05-09T15:33:45.jpg

2017-05-09T15:33:45.jpg

今回の袋田・竜神峡ライドのスタート地点です。途中ポークジンジャー定食もいただいちゃいます。トップの写真がそれです。
辰ノ口親水公園の駐車スペースは砂利ですが、かなり広いです。ここに車を停めさせていただきます。公園内にはBMXのコースもあるみたいですね。



約1年半前も走ったことがあるルートです。仲間を「お誘いライド」するときは、やはり事前にルートを知っていないとダメですからね。Googleマップでルート立案しても、勾配や交通量等が分からなく、実際は物凄く走りにくいってこともあります。

以前走った時は膝の調子が悪く、「上りは少しで平地がメインかなぁ」ってことで自分が企画しました。久慈川沿いの県道118号線を上り、袋田の滝を経由してから竜神峡の吊り橋に行く、100km未満のぬるいライドのはずだった。計画段階では。



実際は、平地どころか常にアップダウン。80km弱走って獲得標高約1000mと、十分な上りがありました。
しかも、わたしの膝の爆弾岩が炸裂し、ダンシングで激痛がはしり、上り坂でダンシングが出来なくなってしまう。シッティングで耐えていると、太股がツってしまい、自転車を降りて押して歩いたり、何度も休憩を挟む失態をさらしてしまいました。その節はご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした、岩〇さん。


というわけで、今回も那須高原ライドに続き、リベンジ企画です。
参加者は、華麗先輩とグリコさんと私の3名。


道の駅「奥久慈だいご」
2017-05-09T15:33:45.jpg

華麗先輩とグリコさんは今回が初対面ですが、すぐに仲良し。自転車という共通の趣味があると、すぐに打ち解けちゃうものですね。いいっすね。


常陸大黒ソフトクリーム。
2017-05-09T15:34:42.jpg

アントシアニンが通常の3倍らしい。
「で…でもブライトさん…このスピードで迫れる黒豆なんて、ありはしません...一機の常陸大黒は、通常の3倍のスピードで接近します!」
稚拙な例えですが、井村屋のあずきバーの高級ソフトクリームバージョンです。ウマシ!


ランチまでには時間の余裕があったので、袋田の滝を観光することにします。
2017-05-09T15:34:42.jpg

結構歩くので、クリートカバーはあった方がいいですね。
2017-05-09T15:34:42.jpg

水量が少ないですが、とても綺麗です。
2017-05-09T15:36:08.jpg

2017-05-09T15:36:08.jpg

グリコさんの奥に映る吊り橋にも、歩いて行けますが今回はパス。ロード用シューズは歩きづらいっすから。(私が途中でクリートカバーを失くさなければ、吊り橋にも行ったかも。)



以前、キャニオン先輩と奥久慈ライドの時に「しゃも料理」をいただきました。
14892151430977.jpg

その時たまたま、兄から電話があって「今、大子町に来ていて、名物のしゃも料理を食べているんだよ。」って話したら「なんでポークジンジャーじゃねーの!?有名だぞ!!」って言われました。そこまで言われたら、食べないわけにはいきませんね。


今日は、奥久慈しゃも料理ではなく、ポークジンジャーに決めました!


川ふじ。
2017-05-09T15:36:21.jpg

袋田の滝のすぐ近くのこじんまりとした定食屋さんです。手づくりのハンバーク定食もオヌヌメらしいが、ここは兄を信じることにしましょう。

ポークジンジャー定食。お値段1350円也。
2017-05-09T15:36:21.jpg

写真はライスを大盛りにしたので1350円に+100円です。食後のホットコーヒーもついてきます。
前評判から期待値がかなり高まってしまいましたが、肝心のお味はというと。

ウマシ!

でも、ちょっと値段が高いかなぁ。三人ともポークジンジャー定食を頼んだので、実際には見ていませんが、ハンバーグ定食1000円也がコスパ高そう・・・ 次回はハンバーグにしましょうか。


お腹を満たしたら、本日のメインである竜神大吊橋を目指します。ここは日本最大級のバンジージャンプスポットです。約100mの高さからのバンジージャンプは、日本一です。その分お値段もかなりの高さです。お値段16000円也。

16000円あったら、ハイパーダッシュ3モーターが40個買えます。
2017-05-17T00:52:12.jpg



竜神ダム。   あれっ、ホイールが。
2017-05-09T15:45:34.jpg

2017-05-09T15:45:34.jpg

竜神峡に到着。まずは竜神ダムから竜神大吊橋を見上げましょう。鯉のぼりがなびいています。例年ゴールデンウィーク期間中に「竜神峡鯉のぼりまつり」を開催しています。5月5日のこどもの日には、テレビで必ず中継されます。テレビのニュースで見ましたが、まさか今日(5月8日)もまだやっているとは思いませんでした。嬉しい誤算です。


上からダムを見下ろすと。
2017-05-09T15:48:22.jpg

やっぱり高さ約100mはすごいですね。さっきまで居た所がちっちゃいです。吊り橋まで来る途中の勾配はきつく、ガーミン表示最大15%は伊達じゃないですね。アムロもびっくりです。


鯉のぼりまつり。
2017-05-09T15:48:22.jpg

2017-05-09T15:48:49.jpg

華麗先輩!心臓を撃ち抜かれていませんか?不死身なんですね。

ああ、見間違えか。


ピナレロも見間違えそう。
2017-05-09T16:11:40.jpg

2017-05-09T16:11:40.jpg

私の「パリ」とグリコさんの「ラザ」は、ぱっと見カラーリングが似ているので、アップの写真だと分かりにくいですが、ライドの途中でお互いのホイールを交換しました。
グリコさんの「ゾンダ」と、私の「TNIノバテック手組み」を交換して、平地や上りの比較ができました。手組みホイールはカスタムの鉄板ゾンダと比べてどうなのか、感想は次回アップします。


以上、袋田・竜神侠ライドでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

手組みホイール アルミクリンチャー編 その2 [自転車]

アストロボーイ?ロックマン?
2017-05-05T23:13:16.jpg

なんという胡散臭いキャラクターでしょうか。CSTのオリジナルキャラクターです。

CSTはチェンシンタイヤのオリジナルブランドです。オフロードとかで有名なマキシスも、チェンシンタイヤのブランドの一つです。また、有名メーカーのOEMを多数手掛けており、じつは世界最大のタイヤメーカーでもあったりします。国内一流メーカーのブリヂストンのママチャリのタイヤを見てください、CSTのロゴがあるのをよく見かけます。OEMですね。スポーツ車向けのブリヂストンのエクステンザも、刻印がチェンシンタイヤと酷似しています。(たぶんOEMじゃないかなぁ。)
要するに、知名度やブランド力はないけれど、品質は一流品で安心できるメーカーってことです。ただし、キャラクターのセンスはいまいちです。


CST Correre CLXX-EPS 170TPI。お値段一本4580円也。
2017-05-05T23:12:57.jpg

2017-05-05T23:12:57.jpg

重量にバラつきがありますね。でも十分軽量なタイヤです。TNIのAL22とAL300はナローリムなので、タイヤの太さは23cを選びました。CSTのレーシングタイヤのコッレレは以前履いたことがあって、パナレーサーのRACE L EVOみたいな感じだったと記憶に残っています。そこそこ軽量ホイールに軽量タイヤの組み合わせ、仕上がりが楽しみです。チューブの画像はありませんが、CSTの軽量チューブを使いました。

CSTはサイクルベースあさひで購入しました。近所にあると助かります。(ステマ)


シュワルベ ハイプレッシャーリムテープ。
2017-05-05T23:12:57.jpg

近所のサイクルベースあさひで購入しました。(ステマ)


CNスポークの緩み止め剤。
2017-05-05T23:13:16.jpg

塗って半乾き状態で組み付けます。細いノズルから液を垂らすよりも、キャップの根元を開けてスポークの先端を浸すようにすると、簡単に塗れます。使用感は悪くないです。
実はスポークの長さを間違えてしまい、仮組してから一度ばらしています。緩み止めのおかげか、ニップルを緩めるときにだいぶ抵抗感がありました。

こうかはばつぐんだ。

実際の効果はある程度走ってみないと分からないので、再度報告致します。




身体測定します。比較のためにレーシングZERO C17もアップしちゃいます。

フロント TNIリム+ノバテックハブ ラジアル組。
2017-05-05T23:13:16.jpg

フロント レーシングZEROさん。
2017-05-05T23:14:38.jpg


リア TNIリム+ノバテックハブ フリー側4本組に反フリー側6本組。
2017-05-05T23:13:32.jpg

リア レーシングZEROさん。
2017-05-05T23:14:38.jpg


手組みが フロント629.5g+リア874.5g+リムテープ50.5g 合計1554.5g
レーシングZEROが フロント648.0g+851.0g 合計1499.0g

「持った時の軽さ」だけでいえば手組みも十分に軽量です。スポーク代をケチらなければ、あと数十グラム軽くでき、レーシングZEROに「持った時の軽さ」だけは勝てそうです。走った時の軽さは別でしょうね。
かなりスポークテンションを張って組んだつもりでも、極太アルミスポークのレーシングZEROには、剛性では到底勝てっこありません。いずれヒルクライムで比較したいと思います。


ああ、そうそう。

のむラボ信者ではありませんが、リアホイールを左右異数組で組んでみました。自分で組んで試してみないと、肯定も否定もできませんからね。左右のスポークテンションのばらつきを是正するって考えは、理屈では共感できるので試そうと思いました。今回はのむラボ理論の方向性がどんな風なのかわかればいいので、節約入門編ってことで2.0㎜プレーンスポークで組みました。

次回は左右異径組も試して組んでいこうと思います。いきなりサピムCX-RAYとDTスイスのコンペティションを注文する勇気はありません。だってスポーク長をミスって注文すると、スポーク代だけで2万円弱やらかしてしまいますもの。怖い怖い。



次回は、使ってみてどうだったか報告します。つづく。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

那須高原ライド [自転車]

私の出身は栃木県那須塩原市なので、那須岳は小さい頃から慣れ親しんだ山です。登山もしたことあるし、マウントジーンズというスキー場にも何度も行ったことがあります。

那須岳の那須ファミリースキー場で不幸な事故がおきましたが、その学校は私の母校です。大学生時代には教育実習で4週間ではありますが、社会科の授業を受け持ったこともあります。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。



那須はキャニオン先輩と何度か走っています。去年の4月上旬も、深山ダムを上ってから那須も上るライドに行ってきました。

が、

乙女の滝を過ぎたあたりで足を攣ってしまい、那須の上りは諦めるという失態をやらかしました。今回はそのリベンジというわけです。



今日はキャニオン先輩と一緒。
2017-05-01T13:33:14.jpg

道の駅「明治の森・黒磯」に車を停め、板室側から順調に上っていきました。つい最近も甥っ子と走っているルートなので、勾配の変化などは知っているので楽に上っていけました。きのこ練の成果もあってか、かなり調子が良かった。あっちゅ~まに板室を攻略。

平野を一望できます。
2017-05-01T14:35:44.jpg



那須の湯本温泉街を上っていくと奥に神社があります。温泉神社は、「おんせんじんじゃ」ではなく「ゆぜんじんじゃ」と読みます。読めないですね。
ちなみに、温泉街は勾配はきつく直線の上りなので、心が折れそうになるかもしれません。観光客がたくさんいるので、押して歩くのは格好が悪いです。気合を入れて上って下さい。

那須温泉神社(ゆぜんじんじゃ)。
2017-05-01T14:35:44.jpg

殺生石。
2017-05-01T13:33:14.jpg

すぐ近くの有名な観光スポットですが、工事していてお客さんゼロ。
今日のマシンはミュールゼロ。シートポストはゼロ100。じゃあホイールは?

鹿の湯。
2017-05-01T13:33:14.jpg

ここも有名な温泉。那須湯本温泉の源泉が湧き出しています。源泉の温度があまりに熱いので、普通は水で薄めてぬるくするのですが、「鹿の湯」では直の源泉にはいれます。温度ごとに浴槽が分かれており、熱めの浴槽では48℃です。地元の頑固ジジィが浸かっている浴槽の入る時は、波を立てないように静かに入って下さい。さもないと怒鳴られます。


なんか、観光案内になってしまったので、自転車の話に戻ります。



恋人の聖地。
2017-05-01T13:34:55.jpg

殺生石を過ぎて恋人の聖地(展望台)までの料金所跡(ここは昔ボルケーノハイウェイという有料道路でした。)の、舗装が新しいところが少し勾配がきついです。恋人の聖地を過ぎれば若干勾配が緩くなります。おっさん二人で聖地にいるのはとてもシュールです。

那須連山。
2017-05-01T13:34:55.jpg


那須ファミリースキー場。
2017-05-01T13:34:55.jpg


大丸駐車場。
2017-05-01T15:14:29.jpg


ロープウェイ乗り場。
2017-05-01T13:36:07.jpg

2017-05-01T13:36:07.jpg

小さくて分かりづらいですが、キャニオン先輩はカメラを向けると余裕のピースサイン。
山岳でもディープのコスミック。やはり剛脚ライダーは違いますね。ついて行けないっす。


峠の茶屋(登山口)。
2017-05-01T13:36:07.jpg

ここが本日の最高地点、峠の茶屋駐車場です。道の駅をスタートしてからここまで約32㎞、獲得標高は1350m。割と走り応えがあると思います。

ハードな勾配を短距離 → きのこ。
ミディアム勾配を長距離 → 霧降、那須。

私の体感ですが、同じ獲得標高だとしたら今回の那須よりも、きのこの勾配10~15%が連続で続くほうがつらいです。短距離・短時間でも高強度のほうがトレーニングになると思います。でも転勤したらきのこにいけないんだよなぁ。こんどはヤビツ峠かなぁ。



帰りは定番の「ボリュームの店 幸華」でランチを食べ、大田原温泉で心の洗濯です。

Aセット(チャーハン+小ラーメン)。お値段1000円也。
2017-05-01T13:36:23.jpg

ラーメンに半チャーハンではありません。チャーハンに小ラーメンです。
しかし、ここはボリュームの店だってことを忘れちゃいけません。気持ち大盛りのチャーハンに、他店では普通盛りサイズのラーメンがセットです。とってもお腹いっぱい。


大田原温泉 太陽の湯。日帰り入浴お値段600円也。
2017-05-01T13:36:23.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

手組みホイール アルミクリンチャー編 その1 [自転車]

ブログのネタがなくなってきたなぁと思っていたら、こんなのが届きました。


以前紹介した「こんなのが・・・」は、イギリスの大手通販サイトと今だにバトル中です。
高くても国内正規代理店のを買えばよかった・・・ 後悔しております。値段重視もいいですが、安心をとることも大事なのだと、身に染みて理解できました。
海外通販はイレギュラーな事態が起こるとホント厄介です。お金・時間・労力をかなり無駄に使うことになります。だいぶ日にちが経過しますが、新しいブツはまだ届いておりません。手元に届いたらブツのレビューは紹介すると思いますが、通販サイトとのバトル内容など事の顛末は、書いてて、思い出すだけでもイラつくので割愛すると思います。



簡単にいうと、「PBK氏ね」ってかんじ。




筑波の下りでダメにしたカーボンクリンチャーの代わりに、新しいリムをポチっていました。それが今日届きました。発送までの動きを追跡できる国内の通販は、やっぱり安心できますね。多い日も安心。
送料をケチっていつ届くかわからない海外通販はドキドキします。速い時は、注文後四日で届いたり、遅い時は3週間以上かかったこともあります。


ご紹介いたします。TNIのアルミクリンチャーさんです。

TNI AL22 (20H)。フロントで使います。
2017-04-21T21:39:19.jpg

身体測定。
2017-04-21T21:39:49.jpg

402gでした。公称スペックよりもやや重たいかな。でも十分に軽いリムです。


TNI AL300 (24H)。リアで使います。
2017-04-21T21:39:19.jpg

身体測定。
2017-04-21T21:39:49.jpg

452gだいだい公称通りですね。リムハイト30mmでこのリム重量というのは素晴らしいですね。


参考までに、中華チューブラー38mmハイト。
2017-04-21T21:39:49.jpg

さすがカーボンチューブラー。勝負にならない程のぶっちぎりの軽さです。


今まで使ってたカーボンクリンチャーはというと。
2017-04-21T22:22:13.jpg

2017-04-21T22:22:13.jpg

メカニコのカーボンクリンチャー50mmハイトのリムです。リム内に落ちたニップルがいくつかあるので、実際は写真の数字よりも数g~10数gくらいは軽いです。
使っていたものは、チューブレス対応リムなのでリムテープ不要です。リムの内側に穴は空いておりません。ということは、どうせ捨てるリム内に落ちたニップルは、申し訳ありませんが、面倒なのでわざわざ回収していません。折角の身体測定のチャンスなんですけどね。


身体測定で分かったことは、アルミとはいえ、軽量なリムを使って組みなおすので、案外軽量なホイールに仕上がりそうです。前後のハブは無事なので使いまわします。ノバテックの定番のヤツです。

2017-04-21T21:40:26.jpg

2017-04-21T21:40:26.jpg


スポークは長さが違うので、新しく用意する必要があります。今まではサピムのCX-RAYが使われていましたが、値段がお高いので諦め、2.0mmプレーンスポークを使用しすこしでも節約します。CX-RAYよりもスポーク1本当り約2g重くなるので、CX-RAYで組んだ場合と比べて全体で約88gほど重くなりそうです。逆を言えば、まだ軽量化の余地が残っているわけなんですね。お金次第ですが。


スポークが届いたら、また続きをレポートします。


そうそう。仕事の話なんですけどね。転勤っぽいです。正式な辞令が出ていないので詳細はお伝えできませんが、引っ越しを伴う転勤です。もう気軽に筑波や日光に行けないっす。

行きつけの焼肉屋さんにもなかなか行けないっす。
なので、今日一人焼肉に行っちゃいました。
2017-04-21T21:39:19.jpg

厚切りのハラミ、牛タンとってもウマシ!


その2へ続く。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

四月の霧降高原 [自転車]

まだ路肩には雪がのこっています。一番寒かったところは気温4.1℃。
2017-04-11T23:10:02.jpg



日光だいや川公園。
14919198488642.jpg

大笹牧場。
2017-04-11T23:08:55.jpg

2017-04-11T23:08:55.jpg

ブラウンスイス牛のソフトクリーム。
2017-04-11T23:09:44.jpg

うんちく。
2017-04-11T23:09:44.jpg

体はボロボロでも笑顔が素敵な華麗先輩。今日はメンチカツ。
14919198210941.jpeg

六方沢橋。〇〇の名所です。
2017-04-11T23:09:44.jpg

標高1440m。本日の最高地点。
2017-04-11T23:10:02.jpg


走行距離45㎞。獲得標高1125m。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

チェーン交換 [自転車]

先日購入したチェーンカッターの感想。
14907763383000.jpg


文章で説明すると面倒なので、結論を言います。



使いづらい。



少し高くても、シマノの同じやつを買っておけば良かった。ちょっと後悔。


チェーン交換前。
2017-04-10T01:37:37.jpg

チェーン交換後。
2017-04-10T01:37:37.jpg


チェーンチェッカーの「BBB」ロゴの下を比べて下さい。隙間が小さくなり、チェッカーの刺さりが少なくなったのがお分かりでしょう。

チェッカーの使い方は簡単で、「.75」って書いてある方が刺さると、0.75%のチェーンの伸びがあるので、「そろそろ交換時期だよ」と教えてくれます。「1.0」って書いてある方が刺さると、1%の伸びがあり「使用限界即交換だよ」って分かります。

写真の交換前を見てもらうと、まだ「そろそろ交換時期だよ」の手前です。でも11速のチェーンはこんな少しの伸びでも、スムーズさがなくなってきます。交換後はかなりスムーズな回転&変速に生まれ変わりました。伸びたチェーンはスプロケの寿命も縮めます。チェッカーをお持ちでない方は是非近くの自転車店で調べてもらうといいですよ。

チェーンの摩耗は徐々に進むので、傷み具合になかなか気がつきにくいです。チェーンチェッカーがあれば摩耗が簡単に分かるので、個人でも持っているのをオヌヌメします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog